2018/10/15 論文/書籍
日本弁理士会中央知的財産研究所研究報告第45号(別冊パテント第20号vol.71 NO.11)「特許クレーム解釈と記載要件」に当事務所弁護士三山峻司が「機能的クレームのクレーム解釈と記載要件等について」と題する論文を執筆しました。
2018/10/09 ニュース
弁護士三山峻司が2018年10月4日に青森市で開催されました,日本弁護士連合会主催の第61回日弁連人権擁護大会,第3部科会「日本の社会保障の法会と再生―若者に未来を―」に参加致しました。

2018/08/27 セミナー
弁護士・弁理士三山峻司が2018年8月25日に日本弁理士会近畿支部 研修会「著作権実務者養成講座(演習全5回)」において,「第5回 著作権紛争の実務」の講師を務めました。
2018/08/20 ニュース
弁護士・弁理士清原直己は、平成30年8月10日をもって独立し、新事務所(清原法律事務所)にて業務を開始致しました。pdf
2018/08/16 論文/書籍
 当事務所弁護士三山峻司が「平成29年司法試験論文解説と合格答案(法学書院2018年5月15日初版発行)」の選択科目・知的財産法の解説を担当させて頂きました。
2018/08/02 ニュース
誠に勝手ながら8月13日(月)〜8月15日(水)は休業させて頂きます。
2018/07/09 ニュース
 この度の記録的大雨の水害による被害のお見舞いを申し上げますとともに,一日も早い復旧を心からお祈り致します。
 平成30年7月7日・8日,第26回日本社会福祉士会全国大会・社会福祉士学会(山口大会)に当事務所の弁護士・社会福祉士三山峻司が参加予定でしたが,山陽新幹線運休により残念ですが参加が叶いませんでした。
2018/06/20 セミナー
当事務所弁護士・弁理士三山峻司が6月20日,日本弁理士会近畿支部の知的財産支援活動として奈良県の小学校に知的財産特別授業の一員として参加しました。
2018/06/11 ニュース
当事務所の弁護士三山峻司が平成30年6月9日京都大学にて開催されました平成30年度日本工業所有権法学会に出席参加しました。
2018/05/29 論文/書籍
「特許権侵害紛争の実務 ― 裁判例を踏まえた解決手段とその展望 ― 小松陽一郎先生古稀記念論文集」(青林書院 2018年5月発刊)に,当事務所弁護士三山峻司が「第1章 訴訟前における実務的対応 1 特許権侵害紛争の実態」を執筆させていただきました。
2018/05/18 ニュース
71期の弁護士を募集致します。右のPDFファイルに募集要項を掲載しておりますので,ご覧下さい。pdf
2018/03/02 セミナー
弁護士・弁理士三山峻司が2018年3月2日に一般社団法人日本知的財産協会主催,2017年度臨時研修会において「知的財産権侵害訴訟の実務のポイントと具体的対応」の講師を,東京「家の光会館」で務めさせて頂きました。 
2018/02/14 セミナー
弁護士・弁理士三山峻司が2018年2月14日に一般社団法人日本知的財産協会主催,2017年度臨時研修会において「知的財産権侵害訴訟の実務のポイントと具体的対応」の講師を,大阪「一般社団法人日本知的財産協会 関西事務所」で務めさせて頂きました。
2017/12/21 ニュース
誠に勝手ながら12月29日(金)〜1月4日(木)は休業させて頂きます。
2017/12/08 セミナー
当事務所弁護士・弁理士三山峻司が12月6日,日本弁理士会近畿支部の知的財産支援活動として大阪府の小学校に知的財産特別授業の一員として参加しました。
2017/12/07 セミナー
弁護士・弁理士清原直己が2017年12月6日,日本公認会計士協会近畿会,日本弁理士会近畿支部,大阪弁護士会の協働事業の一環として「財務・知財・法務から学ぶブランドの基本〜ファッション業界の事例を参考に〜」について大阪工業大学にて講師を務めさせていただきました。
2017/11/14 セミナー
当事務所弁護士・弁理士三山峻司が11月12日(土),日本弁理士会近畿支部の知的財産支援活動として大阪市の小学校(6年生クラス)に知的財産特別授業の一員として参加しました。
2017/11/02 ニュース
弁護士安田幸司がニューヨーク州司法試験に合格しました。
2017/10/31 論文/書籍
当事務所弁護士三山峻司,同清原直己及び同矢倉雄太ほか3名の弁護士(室谷和彦先生,井上周一先生,面谷和範先生)のご協力の下で執筆した『知財実務ガイドブック』が平成29年11月に青林書院より出版されます。同書は,知的財産関係の基本を踏え,徹底して「実務」の「現場処理」にこだわった内容になっています。pdf
2017/10/24 セミナー
弁護士・弁理士三山峻司が2017年10月20日,平成29年度大阪発明協会知的財産セミナーにおいて,「知的財産権侵害訴訟の実務ポイントと具体的対応ワークショップ〜当事者目線に立った対応を考える〜」の講師を務めました。
2017/10/12 論文/書籍
当事務所弁護士三山峻司が「企業グループのハウスマークの管理の留意点」(知財管理Vol.67No.10/2017.10))を執筆しました。
2017/09/26 論文/書籍
小野昌延先生,小松陽一郎先生と当事務所の弁護士・弁理士三山峻司が「商標の法律相談(機法吻供法廖弊栂喀餘 砲魘ζ閏紘させて頂きました。9月末に発行されます。新しい法律問題にも対応した計114のQ&Aからなっております。pdf
2017/09/26 セミナー
弁護士・弁理士三山峻司が2017年9月23日に日本弁理士会近畿支部 研修会「著作権実務者養成講座(演習全5回)」において,「第5回 著作権紛争の実務」の講師を務めました。
2017/09/11 セミナー
弁護士三山峻司が2017年9月8日,日本商標協会浜松年次大会において「商品パッケージ上の表示・デザインへの『すり寄り』に関する諸問題―不正競争防止法・著作権法の観点から―」の講演の講師及びパネルディスカッションのパネラーを務めました。
2017/09/06 ニュース
弁護士安田幸司が、留学を終え、本日より業務に復帰いたしました。
2017/09/04 ニュース
弁護士・税理士藤井宣行は、平成29年8月末日をもって独立し、同年9月より新事務所(アクシス国際法律事務所)にて業務を開始致しました。pdf
2017/09/02 論文/書籍
弁護士・弁理士清原直己が「最新不正競争関係判例と実務[第3版]」(大阪弁護士会 友新会編 平成28年8月31日発行)を共同執筆しました。
2017/06/20 論文/書籍
当事務所弁護士三山峻司が「知的財産権侵害訴訟において秘密保持命令が発令された初めての事例−パルナパリンナトリウム原薬事件―」(知財管理 Vol.58 6 2008年)を執筆しました。 
2017/06/07 セミナー
当事務所弁護士三山峻司が2017年6月7日,日本弁理士会近畿支部主催滋賀地区会にて「応用美術に対する実務対応―トリップトラップ事件を契機にして―」の講師を務めました。
2017/05/11 ニュース
当事務所弁護士三山峻司(ビジネス法)が2010年4月より芦屋大学経営教育学部の客員教授に就任しました。
2017/04/19 ニュース
当事務所弁護士三山峻司は、社会福祉士登録簿に登録(平成29年3月30日)され社会福祉士となりました。
2017/04/03 ニュース
弁護士・弁理士松田誠司が特許庁法制専門官として2年間の任期を終え,弁護士業務に戻ると同時に4月1日より弁護士法人大江橋法律事務所東京事務所に移籍致しました。pdf
2017/03/27 セミナー
弁護士三山峻司が2017年3月22日に日本商標協会関西支部例会において,「商品パッケージ上の表示・デザインへの「すり寄り」に対する実務上の対応」をテーマに研究発表させて頂きました。
2017/03/17 ニュース
当事務所弁護士三山峻司が第29回社会福祉士国家試験(平成29年1月29日実施)に合格しました。
2017/03/08 セミナー
弁護士三山峻司が2017年3月3日(東京),3月7日(大阪)の両日に日本弁理士会研修所主催研修において「知的財産権と契約実務−契約の当事者の立場に立ってベターな契約とは?−付)参考資料−関係条項など−」の講師を務めさせて頂きました。
2017/03/06 セミナー
弁護士三山峻司が2017年2月23日(関西),3月2日(関東)に一般社団法人日本知的財産協会主催,2016年度臨時研修会において「知的財産権侵害訴訟の実務のポイントと具体的対応」の講師を務めさせて頂きました。
2017/02/16 論文/書籍
当事務所弁護士・弁理士三山峻司が執筆しました「表示法の係争事件におけるアンケート調査の実践的な利用法についての検討」が『産大法学』第50巻第3・4号(通巻170号)(京都産業大学法学会50周年記念論集下巻)に掲載されました。
2017/02/09 セミナー
当事務所弁護士三山峻司が2017年2月7日に大阪弁護士会高齢者・障害者総合支援センター「ひまわり」のアウトリーチ事業として,大阪市内の介護付有料老人ホームにて施設従事者向け講座の講師を務めました。
2017/01/30 論文/書籍
当事務所弁護士三山峻司が「平成28年司法試験論文解説と合格答案(法学書院2017年1月30日初版発行)」の選択科目・知的財産法の解説を担当させて頂きました。pdf
2017/01/13 ニュース
当事務所の事務所報「NCLaw Letter」第11号を発刊致しました。pdf
2017/01/01 論文/書籍
当事務所弁護士三山峻司と弁護士木村広行先生が「別冊 NBL 148 特許審決取消判決の分析〜事例からみる知財高裁の実務〜」(大阪弁護士会 知的財産法実務研究会編/2015年3月20日発行)の「第1章 進歩性(機械・電気・その他)」を共同執筆しました。
2017/01/01 論文/書籍
当事務所弁護士三山峻司ほか6名の先生(井上周一先生,有近康臣先生,木村広行先生,永田貴久先生,松田誠司先生,面谷和範先生)の協力の下で執筆した『事例から考える特許法』が平成25年12月17日に法学書院より出版されました。
同書は,『弁理士受験新報』において連載された記事に大幅に加筆したものです。司法試験受験生や弁理士試験受験生だけでなく,特許法を基礎から学ぼうとする方におすすめです。
2017/01/01 論文/書籍
当事務所弁護士三山峻司・弁護士木村広行先生が「特許異議の申立てがされている請求項について特許請求の範囲の減縮を目的とする訂正請求がなされた場合において,各請求項ごとに訂正の許否を判断することの可否」(企業と発明 2010年1月号)を執筆しました。
2016/12/28 ニュース
誠に勝手ながら12月29日(木)〜1月4日(水)は休業させて頂きます。
2016/12/22 セミナー
当事務所弁護士三山峻司が2016年12月21日に大阪弁護士会高齢者・障害者総合支援センター「ひまわり」のアウトリーチ事業として,岸和田市内の特別養護老人ホームにて施設従事者向け講座の講師を務めました。
2016/12/21 論文/書籍
「著作権法コンメンタール 第2版(全3巻)」(半田正夫=松田政行/勁草書房 2015年12月20日発刊)の第3巻に,当事務所弁護士三山峻司が「第4章 著作隣接権」の89条,「著作権等管理事業法」の15条,16条の執筆を担当させていただきました。pdf
2016/12/12 論文/書籍
当事務所弁護士三山峻司が「本質的特徴を感得できない要約〔本多勝一反論権(「諸君!」)事件:上告審〕」(別冊ジュリスト231号 著作権判例百選[第5版])を執筆しました。
2016/12/12 セミナー
当事務所弁護士三山峻司が2016年12月10日に日本弁理士会近畿支部 研修会「著作権実務者養成講座(演習全5回)」において,「第5回 著作権紛争の実務」の講師を務めました。
2016/09/28 論文/書籍
小野昌延先生と共同で弁護士三山峻司が編集を担当させて頂きました『新・注解商標法(上巻・下巻)』(青林書院)が2016年10月に発刊されます。pdf
2016/09/26 セミナー
弁護士三山峻司が2016年9月24日,日本弁理士会近畿支部主催のパテントセミナー2016大阪応用編において「ケースから学ぶ知的財産権侵害訴訟の実務のポイント」の講師を務めました。
2016/09/06 論文/書籍
弁護士・弁理士三山峻司が「司法試験・予備試験 受験新報」(法学書院 2016年10月号 9月1日発売)の巻頭言を執筆しました。
2016/08/08 ニュース
当事務所弁護士三山峻司と弁護士清原直己が、2016年7月27日に大阪弁護士会の知的財産法実務研究会にて「商品のパッケージ上の表示・デザインと不正競争防止法−東京地方裁判所平成28年4月28日判決を手掛かりとして-」を共同発表しました。
2016/08/08 ニュース
誠に勝手ながら8月15日・16日は休業させて頂きます。
2016/08/08 ニュース
当事務所の事務所報「NCLaw Letter」第10号を発刊致しました。pdf
2016/07/06 ニュース
弁護士安田幸司がアメリカ・バージニア州に留学しました。
2016/06/02 ニュース
弁護士清原直己が弁理士登録を致しました。
2016/04/27 論文/書籍
「最新青林法律相談 不正競争の法律相談 (全2巻)」(小野昌延=山上和則=松村信夫/青林書院 2016年5月11日発行)に,当事務所弁護士三山峻司が「第2章 各種の不正競争行為」のQ30混同認定の考慮事項,「第3章 民事訴訟上の諸問題」のQ78慰謝料請求の可否の執筆を担当させていただきました。pdf
2016/04/11 セミナー
弁護士三山峻司が2016年4月4日,関西特許研究会(KTK)訴訟実務部会において「ケースから学ぶ侵害訴訟の実務の肝と留意点−弁理士が日頃から心掛けておくべきポイントとは?−」の講師を務めました。
2016/03/11 論文/書籍
当事務所弁護士三山峻司が「実用品デザイン(応用美術)の保護範囲(創作部分の抽出の有り様と類否判断について)−TRIPP TRAPP事件―」(知財管理 Vol.66No.3)を執筆しました。
2016/02/01 セミナー
当事務所弁護士三山峻司が1月29日,滋賀県下の県立高校及び県立中学校の高校1年生及び中学3年生対象の職業別ガイダンスで「弁護士の仕事とやりがい」というタイトルで講師を務めさせていただきました。仕事の内容や弁護士になるために今できることなどをお話しさせていただきました。
2016/01/14 ニュース
当事務所の事務所報「NCLaw Letter」第9号を発刊致しました
新人紹介も掲載しておりますpdf
2016/01/14 ニュース
2016年1月に弁護士矢倉雄太が入所致しました。pdf
2015/12/28 論文/書籍
2015/12/28
当事務所弁護士三山峻司が「平成27年司法試験論文解説と合格答案(法学書院2016年1月10日初版発行)」の選択科目・知的財産法の解説を担当させて頂きました。
2015/12/25 ニュース
誠に勝手ながら12月29日(火)〜1月4日(月)は休業させて頂きます。
2015/12/02 セミナー
当事務所弁護士三山峻司が12月1日,日本弁理士会近畿支部の知的財産支援活動として大阪市の小学校に知財授業の一員として参加しました。
2015/11/24 セミナー
弁護士三山峻司が2015年11月20日,大阪弁護士会館で行われました「知財高裁・弁護士知財ネット設立10周年企画 知財司法の明日」(主催大阪弁護士会,大阪弁護士会知的財産法実務研究会,弁護士知財ネット)の第2部パネルディスカッション「知財訴訟における損害論の諸問題」にパネリストとして参加しました。
2015/11/18 ニュース
弁護士三山峻司が,11月14日から11月17日まで沖縄で開催されたAPAA(アジア弁理士協会)の第64回・第65回理事会に参加しました。
2015/10/28 セミナー
弁護士三山峻司が2015年10月23日,日本商標協会の判決研究部会において「薬剤の名称と商標法による保護」のテーマで発表させて頂きました。(於 森戸記念館[東京理科大学])
2015/10/21 セミナー
弁護士三山峻司が2015年10月17日,久留米大学公開講座において「著作権法とITサービス」の講師を務めました。
2015/10/21 セミナー
弁護士三山峻司が2015年10月16日,日本弁理士会九州支部において「知的財産権と契約実務」の講師を務めました。
2015/08/12 論文/書籍
「受験新報2015年9月号775」(法学書院2015年8月1日発行)の「特集2知りたい!弁護士の仕事」に当事務所弁護士三山峻司の「知財事件とやりがい」の記事が掲載されました。
2015/08/10 ニュース
誠に勝手ながら8月13日(木),14日(金)は休業させて頂きます。
2015/07/14 論文/書籍
「現代知的財産法 実務と課題 飯村敏明先生退官記念論文集」(設樂隆一=清水節=高林龍=大渕哲也=三村量一=片山英二=松本司/一般社団法人発明推進協会2015年7月発刊)に,当事務所弁護士三山峻司が「第4章商標」に「結合商標の類否判断〜結合商標の類否判断に関する最高裁判所判決の射程〜」を執筆させていただきました。
2015/05/13 ニュース
当事務所の事務所報「NCLaw Letter」第8号を発刊致しましたpdf
2015/04/02 ニュース
弁護士木村広行が米国より帰国し,4月1日より東京の大野総合法律事務所に移籍致しました。
2015/04/01 ニュース
第68期の弁護士の募集を締切りました。
2015/02/09 ニュース
68期の弁護士を募集致します。右のPDFファイルに募集要項を掲載しておりますので,ご覧下さい。pdf
2015/02/05 セミナー
弁護士三山峻司が2015年2月5日,一般社団法人日本知的財産協会主催の研修会において「知的財産権(特許権)侵害訴訟の効果的な実践的・具体的対応−事例や経験を踏まえて−」の講師を務めました。
2014/12/26 ニュース
誠に勝手ながら12月27日(土)〜1月4日(日)まで休業させて頂きます。
2014/11/13 ニュース
当事務所の三山峻司弁護士が,11月7日から11月12日までマレーシア・ペナンで開催されたAPAA(アジア弁理士協会)の第63回理事会に参加しました。
2014/09/26 論文/書籍
当事務所弁護士三山峻司が「営業表示・商号の保護を受けるための実務上の対応はどのようにあるべきか」(知財管理 Vol.64 No.9)を執筆しました。
2014/09/26 ニュース
当事務所弁護士三山峻司が,ブリュッセルで9月17日から20日まで「Moral rights in the 21st Century(21世紀の著作者人格権)」をテーマとして開催されたALAI(国際著作権法学会) にメンバーとして参加しました。
2014/09/20 ニュース
当事務所の事務所報「NCLaw Letter」第7号を発刊致しましたpdf
2014/09/04 ニュース
弊所ホームページに英文と中文を追加しました。
2014/07/31 ニュース
誠に勝手ながら8月13日(水)〜8月15日(金)まで休業させて頂きます。
2014/07/18 論文/書籍
当事務所が、「全国版 法律事務所ガイド 2014」(商事法務)に掲載されました。
pdf
2014/07/18 ニュース
弁護士阪口誠が、2014年6月26日、モリテックスチール株式会社第73回定時株主総会において(社外)取締役に選任されました。
2014/06/30 論文/書籍
当事務所弁護士三山峻司と松田誠司が「ノックダウン生産につき特許権の直接侵害を認めた事例」(CIPICジャーナル Vol.220 2014年6月号,公益財団法人日本関税協会知的財産情報センター)を執筆しました。
2014/06/25 セミナー
弁護士三山峻司が2014年6月20日,公益社団法人著作権情報センターCRIC主催の講演会において「応用美術に対する実務の対応のあり方―応用美術の位置付けを考える―」を講演しました。
2014/06/23 論文/書籍
「知的財産訴訟実務大系」(牧野利秋=飯村敏明=睇眞規子=小松陽一郎=伊原友己編/青林書院2014年6月発刊)に,当事務所弁護士三山峻司が「第2部 第5章【5−4】応用美術の著作物の保護」を執筆させていただきました。
2014/05/01 セミナー
弁護士三山峻司が2014年6月20日(金)に公益社団法人著作権情報センターCRIC主催の講演会にて「応用美術に対する実務の対応のあり方―応用美術の位置付けを考える―」を講義いたします。講演会の内容・申込方法は公益社団法人著作権情報センターCRICのホームページのセミナー紹介からご覧いただけます。
2014/01/08 ニュース
当事務所の事務所報「NCLaw Letter」第6号を発刊致しましたpdf
2014/01/07 ニュース
弁護士井上周一が独立し,新事務所を開設致しました。
弁護士清原直己が入所致しました。pdf
2013/12/26 論文/書籍
当事務所弁護士三山峻司が「分冊の著作者名表示および遺稿の補訂による二次的著作物性(分冊著者名表示事件)」(Law&Technology第62号/平成26年1月1日発行)を執筆しました。
2013/12/18 セミナー
弁護士三山峻司が12月13日,経営法友会月例会において「ブランド保護・育成のための法務実務【著作権法編】裁判例からみる著作権の侵害・非侵害の分かれ道」を講演しました。
2013/11/12 セミナー
弁護士三山峻司が11月9日,大阪パテントセミナー(応用編)において「裁判例に見る著作権侵害・非侵害の分かれ道〜表現物の類否はどのようになされるか〜」を講演しました。
2013/10/31 セミナー
弁護士三山峻司が10月30日,中央大学大阪白門会のビジネス塾において著作権法における講師を務めました。
2013/10/23 ニュース
当事務所の三山峻司弁護士が,10月19日から10月22日までベトナム・ハノイで開催されたAPAA(アジア弁理士協会)の第62回理事会に参加しました。
2013/10/02 セミナー
弁護士三山峻司が9月30日,日本弁理士会近畿支部滋賀地区会において著作権法における講演会を行いました。
2013/09/13 ニュース
当事務所の事務所報「NCLaw Letter」第5号を発刊致しましたpdf
2013/09/04 セミナー
弁護士三山峻司が9月3日,経営法友会月例会において「ブランド保護・育成のための法務実務【商標法編】 侵害訴訟の実務から見た商標の「使用」と「類似」〜裁判例と立証活動を踏まえて〜」を講演しました。
2013/08/07 セミナー
弁護士三山峻司が8月2日,一般財団法人比較法研究センター 知的財産判例研究会において「分冊の著作者名表示及び遺稿の補訂による二次的著作物性−分冊著者名表示事件−」を報告しました。
2013/04/04 論文/書籍
当事務所弁護士三山峻司が「侵害行為の是正と執行に関する問題−差止めの制限と権利濫用に関して−」(別冊パテント第66巻別冊第10号/平成25年3月22日発行)を執筆しました。
2013/03/12 論文/書籍
「新・商標法概説〔第2版〕」(蠕栂喀餘 砲鮠野昌延先生と当事務所弁護士三山峻司が共同執筆させていただきました。2013年3月上旬に発刊されます。
2013/02/22 論文/書籍
「著作権法要説[第2版]」(世界思想社)を当事務所弁護士三山峻司が松村信夫先生と共同執筆致しました。2013年3月1日に発刊されます。
2013/02/19 セミナー
弁護士三山峻司が2月18日,日本弁理士会中央知的財産研究所の第6回会員向け研究発表会(東京会場)において「侵害行為の是正と執行に関する問題−差止めの制限と権利濫用に関して−」を報告しました。
2013/02/07 セミナー
弁護士三山峻司が2月5日,日本弁理士会中央知的財産研究所の第6回会員向け研究発表会(大阪会場)において「侵害行為の是正と執行に関する問題−差止めの制限と権利濫用に関して−」を報告しました。
2013/01/24 論文/書籍
「牧野利秋先生傘寿記念論文集 知的財産権 法理と提言」(中山信弘=斉藤博=飯村敏明編/青林書院2013年1月発刊)に,当事務所弁護士三山峻司が「著作権法14条に関する著作者の認定をめぐる一考察」を執筆させていただきました。
2012/12/26 ニュース
誠に勝手ながら12月29日(土)〜1月4日(金)まで休業させて頂きます。
2012/12/25 ニュース
採用情報のページに66期司法修習生採用情報を掲載致しました。
2012/12/11 論文/書籍
当事務所弁護士三山峻司が「インターネットショッピングモール出店者の商標権侵害につき,モール運営者は商標権侵害責任を問われるか−Chupa Chups事件−」(知財管理 Vol.62 No.12)を執筆しました。
2012/11/29 セミナー
弁護士三山峻司が11月28日,日本知的財産仲裁センター・大阪弁護士会・日本弁理士会近畿支部主催のセミナー「センターの調停による紛争解決と手続きの概要」の模擬調停に調停委員役として参加しました。
2012/11/01 ニュース
当事務所の三山峻司弁護士が,10月27日から10月31日までタイ・チェンマイで開催されたAPAA(アジア弁理士協会)の第16回総会に参加しました。
2012/10/21 セミナー
当事務所弁護士三山峻司が京都産業大学の平成24年度生涯学習講座市民講座において「気付いていますか?身近な著作権問題」を講演しました。
2012/09/27 セミナー
当事務所弁護士三山峻司が知的財産セミナー「今後の実務に影響を与える最近の知財重要判例・裁判例解説」(一般社団法人大阪発明協会主催)で講演をしました。
2012/09/24 セミナー
当事務所弁護士三山峻司が日本弁理士会近畿支部の知的財産支援活動として堺市の小学校に知財授業の一員として参加しました。
2012/08/01 論文/書籍
当事務所弁護士三山峻司が「設例から考える特許法」(第11回)(弁理士受験新報2012年8月号,法学書院)を有近康臣弁理士と共同執筆しました。
2012/06/29 セミナー
当事務所弁護士三山峻司が2012年6月29日大阪国際会議場(大阪市)で開催されました市民のための著作権講座((社)著作権情報センター主催)で「裁判例に見る著作権侵害・非侵害の分かれ道〜表現物の類否はどのようになされるか〜」を講演しました。
2012/06/29 ニュース
当事務所弁護士三山峻司がベスト・ローヤーズ・イン・ジャパン2012の弁護士リストに選抜されました。
2012/06/19 セミナー
当事務所弁護士三山峻司がJICA研修「国際知的財産権コース」(講義名「ケーススタディ:商標判例」)に出講しました。
2012/06/04 論文/書籍
小野昌延編「新・注解不正競争防止法(第3版)上・下巻」が2012年6月に発刊されました。当所の三山峻司が2条1項1号[商品等主体混同惹起行為]の部分執筆を担当しました。
2012/05/01 論文/書籍
当事務所弁護士三山峻司が「設例から考える特許法」(第8回)(弁理士受験新報2012年5月号,法学書院)を永田貴久弁護士と共同執筆しました。
2012/03/14 ニュース
2011年12月に弁護士安田幸司が入所致しました。pdf
2012/01/27 ニュース
当事務所弁護士三山峻司が日本弁理士会近畿支部の知的財産支援活動として堺市の小学校に知財授業の一員として参加しました。
2012/01/26 ニュース
知財管理第61巻第12号に日本弁理士会中央知的財産研究所の紹介記事「日本弁理士会中央知的財産研究所の活動と研究成果」が掲載され,当事務所弁護士三山峻司が研究員としてインタビューをうけています。
2012/01/16 ニュース
当事務所の事務所報「NcLaw Letter」第2号を発刊致しましたpdf
2012/01/12 論文/書籍
当事務所弁護士三山峻司が「商標法における無効の抗弁とダブルトラック―商標法39条による特許法104条の3の準用の実際上の意義―」(別冊パテントVol.64)を執筆しました。
2011/12/19 論文/書籍
当事務所弁護士三山峻司が「設例から考える特許法」(第4回)(弁理士受験新報2012年1月号,法学書院)を面谷和範弁護士と共同執筆しました。
2011/11/28 ニュース
2011年11月26日にホテル阪神にて当事務所弁護士三山峻司の還暦を記念した論文集『最新知的財産判例集−未評釈判例を中心として−』((株)青林書院)の出版記念パーティを開催して頂きました。
2011/11/24 ニュース
当事務所の事務所報「NcLaw Letter」を創刊致しました。pdf
2011/11/16 ニュース
当事務所の三山峻司弁護士が,11月12日から15日までフィリピン・マニラ(マカティ)で開催されたAPAA(アジア弁理士協会)の第59回理事会に参加しました。
2011/10/05 論文/書籍
当事務所弁護士三山峻司の還暦を記念した論文集『最新知的財産判例集−未評釈判例を中心として−』((株)青林書院)が皆様のお蔭で刊行されました。pdf
2011/09/09 セミナー
当事務所弁護士三山峻司が大阪大学知的財産センター・大阪弁護士会主催の「IPrism著作権法シンポジウム」のテーマ「間接侵害等現代的な課題」にパネラーとして参加しました。
2011/08/27 セミナー
当事務所弁護士三山峻司が大阪弁護士会特別企画 ロールーム・リレー講座に出講し「最近の知財裁判例を踏まえて考えること〜著作権法を切り口として〜」を講演しました。
2011/07/26 セミナー
当事務所弁護士三山峻司がJICA研修「国際知的財産権コース」(講義名「ケーススタディ:商標判例」)に出講しました。
2011/07/13 ニュース
当事務所弁護士阪口誠が、平成23年春に受験した公認不正検査士の資格試験に合格し、同年7月11日、公認不正検査士協会から公認不正検査士として資格の認定を受けました。
2011/06/24 セミナー
当事務所弁護士三山峻司が2011年6月24日京都リサーチパーク(京都市)で開催されました市民のための著作権講座((社)著作権情報センター主催)で「著作権侵害の分岐点〜著作物の類似判断を探る〜」を講演しました。
2011/06/01 セミナー
当事務所弁護士三山峻司が日本弁理士会近畿支部の知的財産支援活動として大阪市の小学校に知財授業の一員として参加しました。
2011/05/20 セミナー
当事務所弁護士三山峻司が日本弁理士会近畿支部の知的財産支援活動として藤井寺市の小学校に知財授業の一員として参加しました。
2011/04/20 論文/書籍
当事務所弁護士三山峻司が,『村林楼貔萓源閏記念 知的財産権侵害訴訟の今日的課題』(蠕栂喀餘2011年4月発行)の「最近の裁判例に見る特許法102条各項の適用問題」を執筆しました。
2011/02/24 論文/書籍
当事務所弁護士三山峻司が「商標制度の新しい潮流」(小野昌延・竹内耕三編 蠕栂喀餘 2011年2月10日発行・共著)を執筆しました。
2011/02/18 セミナー
当事務所弁護士三山峻司が2011年2月18日エルガーラホール(福岡市)で開催されました市民のための著作権講座((社)著作権情報センター主催)で「著作権侵害の分岐点〜著作物の類似判断を探る〜」を講演しました。
2011/01/24 セミナー
当事務所弁護士三山峻司が2011年1月24日に日本商標協会関西支部2011年1月度例会で「ヤクルト立体商標事件(知財高判H22・11・16/平成22年(行ケ)第10169号)とアンケート調査の実務上の利用のあり方」を研究発表しました。
2010/12/02 セミナー
当事務所弁護士三山峻司が2010年12月2日に日本弁理士会近畿支部 2010年知財トピック説明会で「著作権と電子出版―電子出版ビジネスをめぐる今後の展望と著作権法制の未来像―」を関西特許情報センターにて講演しました。
2010/10/20 ニュース
当事務所の三山峻司弁護士が,10月16日から19日まで韓国(済州島)で開催されたAPAA(アジア弁理士会)の理事会(58回Council Meeting)に参加しました。
2010/09/14 ニュース
当事務所の三山峻司弁護士が,ウィーンで9月9日から12日まで「著作権の保護期間」をテーマとして開催されたALAI(国際著作権法学会)Study Days 2010 in Vienna の世界大会にメンバーとして参加しました。
2010/09/08 ニュース
当事務所弁護士三山峻司がベスト・ローヤーズ・イン・ジャパン2011の弁護士リストに選抜されました(月刊ザ・ローヤーズ2010年9月号)。
2010/07/20 セミナー
弁護士三山峻司が平成22年度京都大学「知的財産論講義機廚痢崔療財産権侵害訴訟」及び「著作権法」の各講義に出講しました。
2010/06/28 ニュース
弁護士阪口誠が、平成22年6月25日に開催されましたモリテックスチール株式会社(大証1部)の定時株主総会において、同社の(社外)監査役に選任されました。
2010/06/18 ニュース
弁護士金尾基樹が独立し,6月18日(金)より新事務所にて執務しております。
新事務所の詳細は,右のPDFファイルをご覧下さい。pdf
2010/05/25 セミナー
当事務所弁護士三山峻司がJICA研修「国際知的財産権コース」(講義名「ケーススタディ:商標判例」)に出講しました。
2010/04/14 論文/書籍
当事務所弁護士三山峻司が「特許権侵害差止仮処分事件において秘密保持命令の申立てが許されるとした最高裁決定」(知財管理 Vol.60 No.4)を執筆しました。
2010/03/30 論文/書籍
当事務所弁護士三山峻司が「商標の類似と取引実情」(L&T Vol.47)を執筆しました。
2010/03/03 ニュース
2009年12月に弁護士松下聡が入所致しました。
2010/03/03 ニュース
2010年1月より弁護士湯浅靖がパートナーに就任致しました。
2010/02/19 セミナー
当事務所弁護士三山峻司が2010年2月2日に香川産業頭脳化センタービルにて「特許権の侵害訴訟」を講演しました。
2010/02/19 セミナー
当事務所弁護士三山峻司が2010年1月30日に関西特許情報センターにて「著作権侵害と不正競争防止法違反の分岐点〜著作物と表示の類似判断を探る〜」を講演しました。
2010/02/17 論文/書籍
当事務所弁護士三山峻司が「104条の3の抗弁を巡る実務上の幾つかの検討点−ダブル・トラックの是非論に関連して−」(別冊パテントVol.63)を執筆しました。
2009/12/16 論文/書籍
当事務所弁護士三山峻司が「本質的特徴を感得できない要約」(別冊ジュリスト198号「著作権判例百選(第4版)」)を執筆しました。
2009/12/09 セミナー
当事務所弁護士三山峻司が2009年12月8日に香川県高松市の財団法人かがわ産業支援財団一般研修室にて「知っておくべき法的リスクと対処法」を講演しました。
2009/12/08 セミナー
当事務所弁護士三山峻司が平成21年12月7日に海外技術者研修協会関西研修センターにて「(侵害訴訟の実務から見た)商標の本質論・機能論の再考」(中国知的財産権研修コース)を講演しました。
2009/10/09 セミナー
当事務所弁護士三山峻司が2009年10月8日に山口県産業技術センターにて「知っておくべき法的リスクと対処法」を講演しました。
2009/10/05 セミナー
当事務所弁護士三山峻司が、2009年10月1日に愛知県弁護士会館にて「特許権侵害訴訟の審理における実務上の留意点〜特許法104条の3[無効の抗弁]をめぐる問題を中心に〜」を講演しました。
2009/09/28 論文/書籍
当事務所弁護士三山峻司が,『知的財産法最高裁判例評釈体系[供肋野昌延先生喜寿記念』(蠕栂喀餘2009年9月発行)の「真正商品の無断詰め替え再包装(リパック)・小分けと商標権侵害の成否―ハイ・ミー刑事事件」及び「流派名称の保護―音羽流事件」を執筆しました。
2009/09/11 論文/書籍
小野昌延先生と当事務所弁護士三山峻司が共同執筆致しました「新・商標法概説」(青林書院)が2009年9月に発刊されました。
2009/07/01 セミナー
当事務所弁護士三山峻司が、2009年6月26日にエル・パーク仙台で開催されました市民のための著作権講座で「著作権・著作隣接権侵害と侵害主体性の問題ーいわゆるカラオケ法理の展開と限界ー」を講演しました。
2009/06/18 論文/書籍
当事務所弁護士三山峻司が「10年の潮流」(弁理士受験新報2009年6月号の巻頭言)を執筆しました。
2009/06/13 セミナー
当事務所弁護士三山峻司が、2009年6月12日にデジタルハリウッド大学大学院で「知的財産権法の基礎知識ーデジタル著作物を中心にー」を講演しました。
2009/05/14 セミナー
当事務所弁護士三山峻司が、2009年5月13日に大阪弁護士会・日本弁理士会主催による合同研修にて「商標の実務ー登録・侵害を巡る紛争の諸相ー」を大阪弁護士会館で講演しました。
2009/05/11 ニュース
中之島シティ法律事務所ホームページを公開いたしました。
2009/04/01 論文/書籍
当事務所弁護士三山峻司が、2009年4月に「ロースクール演習知的財産法」(共同編著、法学書院)と「著作権法要説ー実務と理論ー」(共同執筆、世界思想社)を発刊しました。
2009/02/07 セミナー
当事務所弁護士三山峻司が、2009年2月7日に日本弁理士会近畿支部主催による「パテントセミナー2009 大阪パテントセミナー応用編」で「デジタル・ネットワーク化と著作権等の侵害主体性の問題〜いわゆるカラオケ法理の展開と限界〜」をTKP大阪淀屋橋ビジネスセンター(大阪中之島ビル地下1階)で講演しました。
2009/02/03 セミナー
当事務所弁護士三山峻司が、2009年2月3日に発明協会大阪支部主催による「平成20年度中・上級特許権侵害訴訟講座」で「弁護士からみた特許侵害訴訟」を大阪科学技術センターで講演しました。
2009/01/30 論文/書籍
当事務所弁護士三山峻司が「著作権著作権法コンメンタール1・2・3」(半田正夫・松田政行編 褓草書房平成21年1月30日発行・共著)の第2巻〔89条〕,第3巻〔管理事業法15条・16条〕を執筆しました。
2008/01/01 論文/書籍
当事務所弁護士三山峻司・弁護士井上周一先生が「インクカートリッジ事件最高裁判決の意義と実務に与える影響」(L&T 7月号 2008年)を執筆しました。