2023/01/16 論文/書籍

「重要判例分析×ブランド戦略推進 商標の法律実務」(編集代表小林十四雄/中央経済社 2023年2月発刊)に事務所弁護士・弁理士三山峻司が編著者として「第2章 第2節 3.商標侵害訴訟の侵害主張に対する抗弁」を執筆させていただき、事務所弁護士・弁理士・法学博士矢倉雄太が「第2章 第2節 5.デジタルネットワーク環境の利用態様が絡む事例」を執筆させていただきました。
2022/12/28 ニュース
誠に勝手ながら令和4年12月29日(木)〜令和5年1月4日(水)は年末年始休業とさせて頂きます。
2022/12/22 ニュース
弁護士・弁理士・法学博士矢倉雄太が、令和4年12月21日、大阪工業大学様の「財務・知財・法務から学ぶブランドの基本〜ファッション業界の事例を参考に〜」の授業において、「ブランドの基本(法務の観点から)〜ファッション業界の事例を参考に〜」のパートの講師を担当させていただきました。
2022/12/19 論文/書籍
弁護士西川侑之介の「最新トピックスで学ぶ知的財産法【第32回】−メタバース−」と題する論考が、一般社団法人大阪発明協会様の機関紙「企業と発明Lite」2022年12月号に掲載されました。
2022/12/06 ニュース
弁護士・弁理士・法学博士矢倉雄太が、令和4年12月6日、企業様において、社内研修「特許発明のクレーム解釈の基本と実践〜直接侵害(文言侵害、均等侵害)と間接侵害〜」の講師を務めさせていただきました。
2022/12/05 ニュース
弁護士・弁理士三山峻司が2022年12月5日に日本知的財産仲裁センター主催のJPドメイン名紛争処理パネリスト候補者向け研修会において「複数の商標を含むドメイン名の紛争及び救済方法の選択等について〜JP2021-0005・0006を素材として〜」の講師を、東京「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」で務めさせて頂きました。
2022/11/30 ニュース
弁護士・弁理士三山峻司が、令和4年11月28日に、知的所有権問題研究会にて、「(当事者の視点を通して)近時の商標係争裁判例から結合商標の類否を考える」を発表させて頂きました。
2022/11/30 論文/書籍
当事務所弁護士三山峻司、同池田聡、同矢倉雄太及び同西川侑之介ほか4名の弁護士(室谷和彦先生、井上周一先生、白木裕一先生、清原直己先生)のご協力の下で執筆した『営業秘密のトラブル相談Q&A」が令和4年11月30日に株式会社民事法研究会より出版されました。営業秘密の基礎知識から漏えいの兆候把握、対応、情報管理、予防策などを多くの企業が現実に直面しているリアルな設問とケースに基づく工夫が凝らされQ&A形式でわかりやすく解説したものです。pdf
2022/11/22 ニュース
弁護士・弁理士・法学博士矢倉雄太が、2022年11月1日から、日本弁理士会中央知的財産研究所の研究員の委嘱を受けました。研究課題は、「Society5.0に適合する知的財産保護の制度のあり方―更なる研究―」です。
2022/10/13 セミナー
弁護士・弁理士三山峻司が2022年10月13日に日本弁理士会四国会主催の研修会において「実務の立場から注目したい近時の商標係争裁判例」の講師を、高松「e−とぴあ・かがわ BBスクエア」で務めさせて頂きました。
2022/09/20 論文/書籍
弁護士・弁理士・法学博士矢倉雄太の「最新トピックスで学ぶ知的財産法【第29回】―『氏名ブランド』の商標登録―」と題する論稿が、一般社団法人大阪発明協会様の機関紙「企業と発明Lite」2022年9月号に掲載されました。
2022/09/01 ニュース
2022年9月より弁護士矢倉雄太がパートナーに就任致しました。
2022/08/25 ニュース
弁護士・弁理士・法学博士矢倉雄太が、公益財団法人大阪産業局様運営に係るMOBIO-Cafeにおいて、「ものづくり企業に関わる知的財産の基礎」と題するセミナーの講師を務めさせていただきました。同セミナーでは、特許法、意匠法、商標法の基礎についてお話をさせていただきました。
2022/08/10 ニュース
誠に勝手ながら8月11日(木)〜8月15日(月)は休業させて頂きます。
2022/06/17 ニュース
2022年サマークラークの募集を開始致します。詳細は募集要項(PDF)をご覧下さい。pdf